「ソフトウェア・システム契約書サポート」では、20年のIT・ネットベンチャー企業の対応経験を持つ弁護士が、契約書の作成からトラブル対応まで行います。

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1丁目4番地8
NCO神田須田町2階

03-3254-5665

受付時間

9:00~18:00(土日祝祭日は除く)

お気軽にお問合せください

ソフトウェア・システム契約のトラブル対応

過去20年間のご相談・ご依頼事例

当事務所において、過去20年間に、ご相談またはご依頼があった紛争事案をご紹介しております。当事務所にご相談のご連絡をいただく際に、過去の実績などの確認のためのご参考にしていただけると幸いです。

ソフトウエア、IT関係などのトラブルは、そのトラブルを解決するために多額のコスト(経営者の方の時間および担当者の方の時間についてのコスト[人件費]と弁護士費用)が必要となります。

当法律事務所は、委託者と受託者の双方から交渉などの依頼を多く受けてきておりますことから、どのような点が紛争の原因か、また、どのように解決することが当事者双方にとり適切かなどの経験・知識を持っております。従いまして、紛争案件につきましても、ご依頼をいただければと思います。

【1】ソフトウエア・コンテンツ開発(委託・受託)

  1. 大手の開発会社からの受託案件の話があり、開発委託契約書案をもらっている。今まで当社は、発注者から直接仕事を受託しており、開発したソフトウエアの著作権は当社が保持しているが、今回、開発したソフトウエアの著作権をすべて譲渡するように言われて困っている。
    著作権を共有にするなどの対応策などがないか教えてほしい。
  2. ソフトウエア開発契約を締結し、納品したのであるが、ソフトウエアに重大なバグがあり、発注者から開発委託料を超える金額の損害賠償を請求されている。
    締結しているソフトウエア開発契約の解釈として、どの範囲の損害賠償をしなければならないのかを検討して、教えてほしい。
  3. ソフトウエア開発契約を締結し、納品したのであるが、発注者からソフトウエアに複数のバグがあることを主張されているが、当社としては、それはバグの問題ではないと主張して紛争になっている。
    発注者と交渉をしなければならないが、まず、ソフトウエア開発契約の条項をどのように理解すべきか、また、交渉がこじれた場合、代理人となってほしい。
  4. 発注者から開発委託料を超える金額の損害賠償を請求されている。締結しているソフトウエア開発契約の解釈として、どの範囲の損害賠償をしなければならないのかを検討して、教えてほしい。
  5. ビデオレンタルショップの在庫管理システム開発を請け負って納品をしたのですが、発注の段階で、発注者がこのシステムを利用する店舗や関係する現場社員からの業務フローに関する情報提供が不十分であったために、業務フローにあわない部分があるとして、システムの修正を求められ、検収をしてもらえず、また、追加の開発代金は支払えないと言われている。
    検収や追加代金の請求について、どうように対応したらよいかを教えてほしい。
  6. 当社は、ソフトウエア開発の受託をしているが、先月、発注者にソフトウエアを納品し、検収も済んでいるにもかかわらず、その後、重大なバグが見つかったとして、開発代金の支払いをしてくれない。
    代金回収のための法的手段を相談したい。
  7. 当社は、業務システムの構築の委託を受けたが、発注者との打ち合わせを行い、仕様を確定させた後、開発途中において発注者の担当者が変わり、多数の仕様変更を指示されたため、開発の工数が当初の1.5倍となった。発注者に追加の開発費を請求したいので話をしたところ、追加の開発費の支払いはできないといわれている。
    システム開発契約書の規定をどのように理解すればよいかを相談したい、また、具体的な開発費の請求・回収手続を依頼したい。
  8. 当社はソフトウエア開発の受託を業務としているが、受託している業務の一部を他の開発会社に委託して、その会社の社員を自社の事務所に常駐させ、業務をしてもらっている。このような契約は業務委託契約であるのか、派遣契約であるのかの問題があることを聞いている(注:偽装派遣の問題)。
    派遣法との関係で注意すべきことを教えてほしい。

【2】ソフトウェアライセンス

  1. 当社は、ある会社から会計業務に関するソフトウエアのライセンスを受けているが、そのライセンサーである会社が倒産した。
    ライセンスを受けているソフトウエアについて、他の会社が、ライセンサーである倒産した会社からそのソフトウエアを購入したようであるが、今後、当社は、このソフトウエアを使い続けることができるのかなどの問題を含めて、どのように対応したらよいか。
  2. 当社は、自社のコンテンツを他社にライセンスしているが、その会社がコンテンツのロイヤリティにつき過少に計算して、当社に報告していることが分かった。その会社に対して、どのような法的対応をすればよいかについて、アドバイスがほしい。

【3】ホームページ・ゲームソフト制作(委託・受託)

  1. 当社はゲームソフトの開発を業としているが、他社が発売しているパッケージソフトにおいて、一部、当社のゲームソフトのプログラムが他社に盗用されていることが分かった。
    著作権侵害と思われるが、損害賠償請求など、どのように対応したらよいか。

【4】ASP・SaaSビジネス

  1. 当社はソフトウエアの開発を業としていて、ASPとしてサービスを提供しているが、先日、一時的にサーバがダウンして、サービスの提供が停止した。ユーザからその間サービスを利用することができなかったために、損害賠償請求がなされている。現在、3社からの請求であるが、今後も損害賠償請求をしてくるユーザが増える可能性がある。
    どのように対応することがよいかについてアドバイスがほしい。

【5】パッケージソフト販売(販売代理店契約を含む)

  1. 当社はパッケージソフトを開発し、販売しており、特定の企業に独占的販売権を与える代理店契約を締結している。その企業は、最初の数年は営業活動をよくやってくれたが、最近は、営業活動に積極性が欠けている。
    そこで、代理店契約を解除したいと思っているが、どのように解除手続をすればよいかについて、アドバイスをしてほしい。

【6】ASP・SaaS利用権販売(販売代理店契約を含む)

  1. 当社はソフトウエアの開発を業としていて、現在、ASPとしてソフトを提供しており、営業力強化のために、販売代理店制度を構築している。最近、販売代理店の1社が、ユーザから入金された代金のうち当社の取得部分を当社に支払ってこない。
    販売代理店契約を解除し、払ってもらっていない金額を当社に払ってもらいたい。そのようにすればよいかについてアドバイスがほしい。

【7】インターネット販売(ネット通販・ダウンロード販売)

  1. 当社は、インターネット上で、雑貨などの商品を販売しているが、商品を送付したにも拘わらず、代金を支払わない注文者がいる。
    注文者から代金を回収したいが、2-3万円の少額なので、どのようにすることがよいかについてアドバイスがほしい。
  2. 当社は、インターネット上で、化粧品などの商品を販売しているが、商品を送付したところ、肌荒れが生じたとして、クレームが来た。商品代金を全額返還したにも拘わらず、肌荒れに関して繰り返しクレームがあり、損害賠償請求もしてきている。
    クレーム対応としてどのようにすることがよいかについてアドバイスがほしい。
  3. 当社は、インターネット上で、ソフトウエアのダウンロード販売をしている。ソフトウエアにバグがあったとして、ダウンロードした消費者のユーザからクレームが来ている。そのソフトウエアのライセンスに関する利用規約にはバグについて一切損害賠償をしない旨を規定していたのですが、ユーザからそのような規定は法律違反で無効である主張されて、困っている。
    法律違反というのは正しいのか、また、対応をどのようにすればよいかにつき、アドバイスしてほしい。

【8】SNS・オンラインゲームビジネス

  1. 当社はコミュニティサイトを運営しており、その中には、メンバーが書込をする掲示板もある。その掲示板上で名誉毀損の問題が発生した。書込を削除したが、プロバイダ責任制限法に基づいて、被害者から名誉毀損をした者の情報を開示するよう請求があった。
    どのように対応すればよいかについてアドバイスをしてほしい。
  2. 当社はオンラインゲームを提供しているが、ゲームのバグやキャンペーンのやり方などでユーザからクレームが来るなどの運営上いくつかのトラブルを抱えている。
    クレームに対して具体的にどのように対応をすべきかについてアドバイスをもらいたい。
  3. SNSサイトを運営していますが、サイトの運営の一部を他社に委託していますが、その会社の社員のミスで当社の登録会員のデータ(住所のある都道府県名、ハンドルネーム、氏名など)が漏洩するという事故が発生した。
    どのように対応すればよいかのアドバイスをしてもらいたい。

【9】その他

以上のようなインターネット・IT分野などの業務以外にも、企業の仕事をさせていただいていることから、当然のこととして、次のような一般企業法務に関するサービスの提供もしております。

  1. 会社法関連業務

    議事録の作成・確認、株主総会対策、株式譲渡契約など
  2. 各種契約の作成・検討の業務

    オフィスの賃貸借契約、業務提携契約、合弁契約など
  3. 労働問題関係業務

    セクハラ、パワハラ、解雇問題など

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 費用はいくら必要ですか?
  • 講演・セミナーの依頼方法は? 
  • 金井先生ってどんな方なんでしょうか?
  • どんなことが相談できますか?

上記のような疑問をお持ちでしたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~18:00(土日祝祭日は除く)
担当:毎熊(まいくま)