IT・ベンチャー企業の法律業務をサポートして20年以上の経験と実績をもつ法律事務所

フランテック法律事務所

IT企業の法律相談

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1丁目4番地8
NCO神田須田町2階

03-3254-5665

受付時間

9:00~18:00(土日祝祭日は除く)

お気軽にお問合せください

ソフトウェアライセンス

契約書作成

  1. 当社は、流通業界向けのパッケージソフトウェアの開発を行っているので、ソフトウエアライセンス・使用許諾契約書を作成したい。個別の顧客(ライセンシー)ごとで、捺印する契約書ではなく、契約条件(約款)を記載した申込書を作成したいので、契約条件(約款)を作成してほしい。
  2. 当社は、顧客管理のパッケージソフトウェアの開発を行っているので、ソフトウエアライセンス・使用許諾契約書を作成したい。以前にバグが発生し、トラブルが生じたケースがあったので、バグなどがあったときのために、できるだけ当社の責任を限定できるような契約書を作成したい。
  3. 当社は、個人向けのソフトウエアの開発を行っているので、多数の個人ユーザに対してソフトウエアを提供する際のソフトウエアライセンス・使用規約を作成したい。個人ユーザとの間でのライセンス・使用許諾契約書には、法律の規制があると聞いているので(注:消費者契約法が関係する)、法律に違反しない使用規約を作成してほしい。
  4. 当社は、個人向けのソフトウエアの開発を行ない、ネット上でダウンロードしてもらう方法で、販売している。そこで、ソフトウエアライセンス・使用許諾契約書を作成したいが、具体的にどのようにしてユーザに同意をもらっておけば、ソフトウエアライセンス・使用許諾契約書として有効に成立したといえるのか(注:経済産業省による電子商取引に関する準則などが関係する)。
    契約内容やダウンロード販売における注意点などについて教えてほしい。

過去のご相談・ご依頼事例

  1. 当社は、ある会社から会計業務に関するソフトウエアのライセンスを受けているが、そのライセンサーである会社が倒産した。
    ライセンスを受けているソフトウエアについて、他の会社が、ライセンサーである倒産した会社からそのソフトウエアを購入したようであるが、今後、当社は、このソフトウエアを使い続けることができるのかなどの問題を含めて、どのように対応したらよいか。
  2. 当社は、自社のコンテンツを他社にライセンスしているが、その会社がコンテンツのロイヤリティにつき過少に計算して、当社に報告していることが分かった。その会社に対して、どのような法的対応をすればよいかについて、アドバイスがほしい。

画像 お問合せ・相談予約

お電話でのお問合せ・ご相談の予約はこちら

初回見積り相談 無料

03-3254-5665

受付時間:9:00~18:00 (土日祝祭日は除く)

担当:毎熊(まいくま)・永島(ながしま)